irons

MB-101A Forged Iron

Feel, Stability, Workability

世界ランキングトップ10に常に君臨し続けるPGAゴルファーのパトリック・リードが選んだパートナーは、日本のプレミアムゴルフブランドgrindworks(グラインドワークス )でした。私達はこのコラボレーションを誇りに思うと同時に、大きな責任も感じています。またこのコラボレーションでは、プレイヤーとしてパトリック・リードがグラインドワークスのクラブを使用するというだけでなく、共に協力しながら新しいモデルの設計と開発に積極的に携わる事になります。

MB-101A軟鉄鍛造アイアンは、リードのトッププロとしてのニーズに基づき開発されました。リードのアイアンへの要望は、ノックダウンショット、所謂パンチショットを打つ際の吹け上がりや方向性についての不安を解消し、どの様な距離でも安定した弾道を打てるアイアンです。そこで柔らかなS20C鍛造を使用してフィーリングとスピンを向上させ、バックフェイスを3段のステップ状にし重心高を上げることで、より安定性とコントロールに重点を置いたデザインとしました。これによりアイアンの弾道はさらに直進性を増した上で鋭いスピンを獲得し、世界基準のグリーンに於いてもデッドにピンを狙う事ができる様になりました。

MB-101Aのプロトタイプは2019年12月のヒーローワールドチャレンジで投入され、同年2月のWGCメキシコ大会で優勝をもたらしました。MB-101Aを使用した2020シーズンに於いて、リードはPGAツアーで既に1勝、トップ10フィニッシュは6回達成しており、現在世界で8位にランクされています。(2020年7月現在)

MB-101Aの特徴は、マッスルバックらしい小ぶりなヘッドでオフセットが少なく、アドレスの際に弾道のイメージがつきやすい顔となっています。ソールは薄くリーディングエッジはストレートの所謂上級者好みの顔で、ダフリや刺さりを最小限に抑えることにより、自然に最適なターフを取るイメージがつくれます。

さらにバックフェイスは3段階形状になっているためトップラインはより薄く、視覚的にも鋭く振り抜く感覚が味わえます。また、トゥ側に向かって徐々に厚みを増す事でヘッドを閉じにくくし、引っ掛けや意図しないフックを最小限に抑えるようになっており、またセンターを走るステップ溝はスイートスポットを広げると同時にスプリング効果を生み出し、寛容性とボールの打ち出し初速を高めます。

ヘッドはプレミアムS20C軟鉄鍛造にハーフサテンNiCrメッキが施され、よりピュアなボールへの食いつき感が得られるようになっています。ルックスの美しさとモダンな美学の融合が、フィーリング・安定性・ショットメイクにフォーカスしたアイアンを探しているゴルファーにとって、最高の選択肢となるでしょう。

MB-101A Iron Specification

Club TypeCompact Forged Muscle Back
Player TypePlayers who focus control and accuracy
CharacteristicFeel, Stability, Workability
Material and FinishS20C / Nickel Satin Plating
NumberLoft
( ° )
Lie
( ° )
Bounce
( ° )
F.P
(mm)
Weight
(g)
#42460.03.04.0246.5
#52760.54.04.0253.0
#63161.04.54.0259.5
#73561.55.05.0266.5
#83962.06.05.0273.5
#94362.57.05.5280.5
#PW4763.08.06.0288.5
• CONFORMING to R&A Rules 
• Outer Hosel Diameter: 13.5mm 
• Inner Hosel Diameter: 9.3mm (Taper Tip) 
• Hosel Depth: 32mm • Right Handed Only